基本的にeclipseから実行することを前提としたantのターゲット集です。
ただし、極力eclipseタスクの使用を避けて単独でも動くようにします。

 
 

全体構成・事前準備(build.xml)

再ビルド処理(rebuild)

ビルド処理(build)

Javaコンパイル(compile)

プロパティファイルのUnicodeエスケープ(i18n)

JavaDoc?(javadoc)

Jarファイル作成(jar)

Warファイル作成(war)

test(junit)

RMIC(rmi_build)

XDoclet(struts)

Tomcatアプリのリロード(tomcat)

Java XML Binding(xsd2java)

[TODO] コマンド実行(dos)

[TODO] JavaCC(javacc)

build.properties

build.xmlのDTDを作る

かなり不完全なので、自分のbuild.xmlにあわせて多少手を入れる必要がある

<!-- *********************************************************
 build.xml のかなり不完全な DTD を作成する。
 (Eclipseから実行するときには、[ウインドウ]-[設定]-[Ant]-[ランタイム]
 に commons-net を加える必要がある)
     ********************************************************* -->
<target name="dtd">
 <antstructure output="_ant.dtd"/>
</target>

Aspect J

AspectJ 性能評価ログ#y425366c


Java Ant


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2010-12-22 (水) 01:51:15 (2178d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061