tomcatの起動確認

  1. tomcatの起動
    • ツールバーのtomcatアイコンを右クリックして、[Start Service]を押してtomcatを起動する。
       
      tomcatIcon.png
       
    • DOSやSHから起動する場合には、tomcatのadmin権限を持つユーザ名を指定する必要がある。
      ユーザは、C:\tomcat50\conf\tomcat-users.xml に以下のように定義する。
      <user username="admin" password="admin" roles="admin,manager"/>
  2. ブラウザから http://localhost:8080/ にアクセスしてtomcatのポータルにアクセスできればOK
  3. tomcatの停止は、ツールバーのtomcatアイコンを右クリックして、[Stop Service]

Sysdeo Eclipse Tomcat Launcher pluginの設定

  1. インストール http://www.sysdeo.com/eclipse/tomcatPlugin.html
    から取得した\com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.0.0をC:\eclipse\pluginsにコピーします
  2. eclipseの [ウィンドウ(W)]-[設定(P)]-[Tomcat] を開く
     
    SysdeoSetup1.png
     
  3. Tomcatでは以下の項目を設定する
    • Tomcatバージョン
    • Tomcatホーム
       
      SysdeoSetup2.png
       
  4. Tomcat Manager Appでは以下の項目を設定する
    • Manager App username
    • Manager App password
       
      SysdeoSetup3.png
       
  5. これでeclipseからtomcatの 起動/停止/再起動 ができるようになった
     
    SysdeoSetup4.png
     

Tomcat Projectの作成

  1. eclipseの [ファイル(F)]-[新規(N)]-[プロジェクト(P)] で Tomcat プロジェクト を作成する
     
    TomcatProject1.png
     
  2. プロジェクト名は任意のものにする
     
    TomcatProject2.png
     
  3. アプリケーションURIなども変更しない方が吉
     
    TomcatProject3.png
     
  4. Wizardが終わると
    • 以下のようなプロジェクトができているはず
      TomcatProject4.png
    • また C:\tomcat50\conf\server.xml には以下のような記述が追記される
      <Context path="/StrutsBlank" 
               reloadable="true" 
               docBase="C:\eclipse\workspace\StrutsBlank" 
               workDir="C:\eclipse\workspace\StrutsBlank\work" />
      これは、eclipse の StrutsBlank?プロジェクト の workspaceディレクトリ がそのまま webアプリ になっていることを意味する。
      つまり webアプリ を構成するファイルは以下の場所に置かれることになる。
       
      html/jsp filesC:\eclipse\workspace\StrutsBlank?
      プリコンパイル済jsp filesC:\eclipse\workspace\StrutsBlank?\work
      web.xml etc.C:\eclipse\workspace\StrutsBlank?\WEB-INF
      java source filesC:\eclipse\workspace\StrutsBlank?\WEB-INF\src
      java class filesC:\eclipse\workspace\StrutsBlank?\WEB-INF\classes
      jar filesC:\eclipse\workspace\StrutsBlank?\WEB-INF\lib
       
    • そして、それに合致するようにプロジェクトが設定されている
       
      TomcatProject5.png
       
    • また、プロジェクトはtomcatコンテナのライブラリを参照するように設定されている
       
      TomcatProject6.png
       

Struts-Blankのインポート

  1. Strutsの取得
    http://struts.apache.org/ から jakarta-struts-1.2.4.zip をダウンロードしてきて、
    適当なところ(ここではC:\tomcat50)に展開する
  2. Struts-Blankのインポート
    StrutsBlank?プロジェクトを右クリックして [インポート] を選択する
     
    StrutsBlank1.png
     
  3. インポート・ソースの選択では Zipファイル を選択する
     
    StrutsBlank2.png
     
  4. ソースZIPファイルとして、struts-blank.war を指定する
    このとき、zipファイルかjarファイルしか指定できないので、直に struts-blank.war を入力する必要がある
     
    StrutsBlank3.png
     
  5. インポートが終了すると、プロジェクトは以下のようになっている
     
    StrutsBlank4.png
     
  6. tomcatを起動して、 http://localhost:8080/StrutsBlank/ にアクセスすると以下のような画面が現れて、struts-blank.war のインポートが成功したことが分かる。
     
    StrutsBlank5.png
     
    この画面は、以下のファイルを経て表示されている
    (つまり一通りstrutsの機能を使って表示されている)
    1. web.xml
      <welcome-file-list>
        <welcome-file>index.jsp</welcome-file>
      </welcome-file-list>
    2. index.jsp
      <logic:redirect forward="welcome"/>
    3. struts-config.xml
      <global-forwards>
        <forward
         name="welcome"
         path="/Welcome.do"/>
      </global-forwards>
    4. web.xml
      <servlet>
        <servlet-name>action</servlet-name>
        <servlet-class>org.apache.struts.action.ActionServlet</servlet-class>
        <init-param>
          <param-name>config</param-name>
          <param-value>/WEB-INF/struts-config.xml</param-value>
        </init-param>
      </servlet>
      <servlet-mapping>
        <servlet-name>action</servlet-name>
        <url-pattern>*.do</url-pattern>
       </servlet-mapping>
    5. struts-config.xml
      <action-mappings>
        <action
         path="/Welcome"
         forward="/pages/Welcome.jsp"/>
      
        ・・・
      </action-mappings>
    6. /pages/Welcome.jsp
      <h3><bean:message key="welcome.heading"/></h3>
      <p><bean:message key="welcome.message"/></p>
      1. メッセージの実態は、/WEB-INF/src/java/resources/application.properties 内にある
        welcome.title=Struts Blank Application
        welcome.heading=Welcome!
        welcome.message=To get started on your own application, copy the 
        struts-blank.war to a new WAR file using the name for your application. 
        Place it in your container's "webapp" folder (or equivalent), and let your
        container auto-deploy the application. Edit the skeleton configuration files
        as needed, restart your container, and you are on your way! (You can find the
        application.properties file with this message in the /WEB-INF/src/java/resources
        folder.)
      2. メッセージファイルの場所は、struts-config.xml の
        <message-resources parameter="java.resources.application" />
        に記述されている。

Eclipseのビルド環境

struts-blankにあわせて、Eclipseのビルド環境を変更します

  1. Javaソース格納場所の変更
    strutsではJava以外の資産も作らなければならないことですし、struts-blankにあわせてJavaソース格納場所を変更します。
    1. Tomcatプロジェクトは、デフォルトでは /WEB-INF/src 以下に Javaソース を置きます
       
      buildPath1.png
       
    2. これを、 /WEB-INF/src/java 以下に Javaソース を置くように変更します
    3. あわせて、eclipse が、 *.propertiesファイルを自動的に /WEB-INF/classes に持って行かないようにします。
      これは、properitesファイルに2バイトコード(日本語)がある場合には、unicode escape しなければならないためです。unicode escapeは、antで行います。
       
      buildPath2.png
       
  2. strutsのライブラリをビルドバスに設定する。
    /WEB-INF/lib 以下にあるすべての jar ファイルをビルドバスに設定します。
     
    buildPath3.png
     

Java#Eclipse Java#Struts


添付ファイル: fileTomcatProject4.png 895件 [詳細] fileSysdeoSetup4.png 611件 [詳細] fileSysdeoSetup2.png 924件 [詳細] fileTomcatProject3.png 809件 [詳細] filebuildPath2.png 659件 [詳細] fileTomcatProject2.png 882件 [詳細] filebuildPath3.png 889件 [詳細] filebuildPath1.png 914件 [詳細] fileStrutsBlank1.png 893件 [詳細] fileStrutsBlank2.png 687件 [詳細] fileTomcatProject5.png 649件 [詳細] filetomcatIcon.png 899件 [詳細] fileStrutsBlank5.png 648件 [詳細] fileTomcatProject6.png 877件 [詳細] fileStrutsBlank4.png 621件 [詳細] fileSysdeoSetup1.png 640件 [詳細] fileTomcatProject1.png 875件 [詳細] fileStrutsBlank3.png 649件 [詳細] fileSysdeoSetup3.png 967件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2006-04-15 (土) 22:38:46 (3891d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061