USBインストールメディアの準備

# yum install livecd-tools
# livecd-iso-to-disk ダウンロード/Fedora-13-i686-Live.iso /dev/sdb1
# 

後は適当に。Big Sector 対策とかも特に考えなくて良い
インストール後には

# yum -y install yum-plugin-fastestmirror
# yum -y update
# /sbin/grub-install /dev/sda
# shutdown -r now

をする。たぶん kernel も update されるので念のため GRUB の設定も更新しておく


重要 : インストール直後に yum update をしたら、二度とやらないこと!

結局どうなったか

$ sudo /sbin/fdisk -lu /dev/sda

ディスク /dev/sda: 750.2 GB, 750156374016 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 91201, 合計 1465149168 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x000d4fcf

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *        2048     1026047      512000   83  Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2         1026048  1465147391   732060672   8e  Linux LVM

sda1 が、1MiB(2048セクタ)から始まっている。sda2の開始セクタも8の倍数になっている。

[kagyuu@orange ~]$ sudo /sbin/hdparm -tT /dev/sda

/dev/sda:
 Timing cached reads:   976 MB in  2.00 seconds = 487.42 MB/sec
 Timing buffered disk reads:  220 MB in  3.02 seconds =  72.92 MB/sec

cached read は、ほぼ SATA2 の限界値(3.2Gbps)。実際にディスクを読みに行く場合でも 600Mbps 位出ている。

(備考) VMWare Tools のインストール

# cd /tmp/
# tar -xzf /media/VMware\ Tools/VMwareTools-8.4.2-261058.tar.gz 
# cd vmware-tools-distrib/
# yum install gcc
# yum -y install kernel-devel-$(uname -r)
# ./vmware-install.pl

Fedora 13 Server


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2010-07-09 (金) 12:45:29 (2346d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061