Mercurial のインストール

$ sudo yum -y install mercurial
$ hg version
Mercurial - 分散構成管理ツール(バージョン 1.8.2)
(詳細は http://mercurial.selenic.com を参照のこと)

Copyright (C) 2005-2011 Matt Mackall 他
本製品はフリーソフトウェアです。
頒布条件に関しては同梱されるライセンス条項をお読みください。
市場適合性や特定用途への可否を含め、 本製品は無保証です。

hguser の作成

$ su
パスワード:
# useradd hguser
# passwd hguser
ユーザー hguser のパスワードを変更。
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: 全ての認証トークンが正しく更新できました。

レポジトリの作成

# su hguser
$ cd /home/hguser/
$ mkdir -p hgrepository/ourwork
$ cd hgrepository/ourwork/
$ hg init

SSH鍵ペアの作成

各ユーザに秘密鍵と公開鍵のペアを作ってもらう

公開鍵の登録

  1. /.ssh/authorized_keys を作成する
    (サーバ側)

    $ whoami
    hguser
    $ mkdir .ssh
    $ chmod 700 .ssh
    $ cd .ssh
    $ touch authorized_keys
    $ chmod 600 authorized_keys 
  2. ユーザから公開鍵を送ってもらう (「公開」鍵だから平文メールに添付でOK)
  3. /.ssh/authorized_keys に公開鍵を登録する
    (サーバ側)

    $ cat ~/atsushi_id_rsa.pub >> authorized_keys 
    $ rm ~/atsushi_id_rsa.pub
  4. ログインできるか試して貰う
    (クライアント側)
    [~/.ssh]$ ssh-add  ~/.ssh/hguser_id_rsa
    Enter passphrase for /Users/Atsushi/.ssh/hguser_id_rsa: 
    Identity added: /Users/Atsushi/.ssh/hguser_id_rsa (/Users/Atsushi/.ssh/hguser_id_rsa)
    [~/.ssh]$ uname -a
    Darwin hondou-atsushi-no-MacBook.local 10.8.0 Darwin Kernel Version 10.8.0: 
    Tue Jun  7 16:33:36 PDT 2011; root:xnu-1504.15.3~1/RELEASE_I386 i386 i386 
    [~/.ssh]$ ssh hguser@192.168.1.2 -i ~/.ssh/hguser_id_rsa 
    [hguser@orange ~]$ uname -a
    Linux orange.homelan 2.6.34.9-69.fc13.i686.PAE #1 SMP 
    Tue May 3 09:13:56 UTC 2011 i686 i686 i386 GNU/Linux
    [hguser@orange ~]$ exit
    logout
    Connection to 192.168.1.2 closed.

アクセスできない場合 (Permission denied) には、サーバ側の /var/log/secure を見る

NetBeans?からネットワーク越しに使う

NetBeans Mercurial


Fedora 13 Server


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2011-07-18 (月) 22:39:39 (1965d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061