入手

http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.html
から

jdk-1_5_0-windows-i586.exe
jdk-1_5_0-doc.zip

をダウンロードします。

 

日本語ドキュメントが必要ならば、
http://java.sun.com/j2se/1.4.2/ja/download.html
から

j2sdk-1_4_0-doc-ja.zip

をダウンロードします。

インストール

  1. 本体のインストール
     
    jdk-1_5_0-windows-i586.exe
    をダブルクリックするとインストーラーが立ち上がる、
    そのままインストールすると
    C:\Program Files\Java
    以下にインストールされる。
     
  2. ドキュメントのインストール
     
    jdk-1_5_0-doc.zip
    を展開すると\docsができるので、
    これを
    C:\Program Files\Java\jdk1.5.0
    にコピー
     
    すぐに見られるように
    C:\Program Files\Java\jdk1.5.0\docs\index.html
    へのショートカットをデスクトップに作成しておく。
     
  3. 日本語ドキュメントのインストール
     
    jdk-1_4_0-doc.zip
    を展開すると\docsができるので、
    これを
    C:\Program Files\Java\jdk1.4.0
    にコピー
     
    すぐに見られるように
    C:\Program Files\Java\jdk1.5.0\docs\ja\index.html
    へのショートカットをデスクトップに作成しておく。
    強がらずにこっちにしましょう・・・

設定

JAVAアプリケーションが参照するjava.exeを環境変数に設定しておく。

 

システムの環境変数の設定

[デスクトップ]-[マイコンピュータ(右クリック)]-[プロパティ] 
-> [システムのプロパティ]-[詳細]-[環境変数]

で、

JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.5.0
PATH=・・・;%JAVA_HOME%\bin

を追加。

 

すでに他の開発環境によってJAVA_HOMEが設定されている場合にはシステム変数はいじらない。

 

確認

コマンドプロンプトで、

>java -version
java version "1.5.0"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0-b64)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0-b64, mixed mode, sharing)

と表示されればインストール完了。

すでに他の開発環境によってJAVA_HOMEが設定されている場合には、該当するJavaVMのバージョン番号が表示される。


Java


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2006-02-18 (土) 00:22:48 (3942d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061