使用するアプリケーション

  1. scarab-1.0-b19.zip (or 最新版)
  2. apache-ant-1.5.4-bin.zip (1.6系列は不可)
  3. mysql-4.1.10a-win32.zip (or 最新版)

事前準備(Ant1.5.4)

  1. C:\apache-ant-1.5.4 に展開する
  2. 古いバージョンを使うので、環境変数(ANT_HOME , PATH) はシステム環境変数として設定せずに、ScarabをビルドするDOSプロンプトの中に閉じて設定する

事前準備(MySQL)

  1. インストール
    MySQL(Win32)のインストール? を参照
  2. デフォルトテーブル形式をMyISAMに変更
    1. デフォルトテーブル形式をInnoDBに設定したままだと、Scarabがテーブルを作成するときに外部キーのチェックに引っかかってテーブルができません。
    2. C:\mysql\my.ini の変更
        # The default storage engine that will be used when create new tables when
      - default-storage-engine=INNODB
      + default-storage-engine=MyISAM
    3. MySQLの再起動
      C:\> net stop MySQL
      C:\> net start MySQL
    4. Scarabのテーブル作成が終わったら、デフォルトテーブル形式をInnoDBに戻してかまいません。

scarabのビルド

  1. C:\scarab-1.0-b19 に展開したとします
  2. MySQL JDBCドライバの変更
    scarabに添付されているドライバでは、MySQL4.1からの認証形式( パスワードのハッシュ長が16byteから41byteに変更 )に対応できないので最新版のJDBCドライバに入れ替えます
    1. C:\scarab-1.0-b19\www\repository\mm.mysql を削除します。
    2. C:\scarab-1.0-b19\lib に最新版のJDBCドライバをコピーします。(2005/3/29時点では、mysql-connector-java-3.1.7-bin.jar)
  3. ビルドファイルの作成
    C:\scarab-1.0-b19\build\build.properties を作成します
    #############################################
    # Scarab Site Settings
    
    scarab.site.name=Khufu's Pyramid Project Issue Tracking System ( Scarab 1.0 )
    scarab.timezone=Asia/Tokyo
    
    #############################################
    # Scarab Database Settings
    #
    # 1)It is a cheap solution that the ROOT user connects with RDB.
    #   However, it is very difficult to prepare the limited auth user
    #   of RDB for the scarab system. 
    #
    # 2)Old JDBC Driver can't handle new 41 bytes passowrd hash of MySQL4.1.
    #   a) Download the newest JDBC Driver and copy it to \scarab-1.0-b19\lib
    #   b) Delete \scarab-1.0-b19\www\repository\mm.mysql completely.
    
    scarab.database.type=mysql
    scarab.database.username=root
    scarab.database.password=amygdale
    scarab.database.encoding.querystring = ?useUnicode=true&characterEncoding=utf8
    
    scarab.jdbc.driver.jar=mysql-connector-java-*.jar
    
    #############################################
    # Scarab Administraotr Settings
    #
    # 1)JDBC Driver can't parse '00-00-00 00:00:00'.
    #   So, you must rewrite the turbine_user table as following.
    #     mysql> use scarab;
    #     mysql> update turbine_user set created=now(),last_login=now();
    #
    # 2)The initial password of ${scarab.user.username} is 1.
    #   Rewrite password and email address of ${scarab.user.username}
    #   after building the scarab system.
    
    scarab.user.username=Administrator
    
    #############################################
    # Scarab Mail Settings
    # 
    # 1)The Runtime properties file,
    #   \scarab-1.0-b19\tomcat\webapps\scarab\WEB-INF\conf\CustomSettings.properties
    #   , is not used by scarab system.
    #   So, write following on
    #   \scarab-1.0-b19\src\conf\conf\CustomSettings.properties
    #   BEFORE ant build process.
    # 
    #     system.mail.host=mail.amen.ra
    #     system.mail.smtp.from=root@${system.mail.host}
    
    scarab.email.encoding=iso-2022-jp
    scarab.email.register.fromAddress=osiris@amen.ra
    scarab.email.forgotpassword.fromAddress=isis@amen.ra
    scarab.email.archive.toAddress=horus@amen.ra
    
    #############################################
    # Don't generate sample module
    
    skip.seed.data=true
  4. その他の設定
    1. C:\scarab-1.0-b19\src\conf\conf\CustomSettings?.properties
      # Settings for SMTP Server
      system.mail.host=foo.bar
      system.mail.smtp.from=root@foo.bar
      # Settings for Character set of the export data of Scarab
      scarab.dataexport.encoding=sjis
    2. C:\scarab-1.0-b19\src\conf\conf\Scarab.properties
      # Role requests for these roles will be granted automatically
      # when a user requests a role in a module through the role request
      # UI screens.
      scarab.automatic.role.approval=Developer,Observer,QA,Partner
      
      ・・・
      
      # These properties are used when generating links to scarab.  In
      # many cases, if these properties are left blank, an appropriate default will
      # be used.  But functionality which does not have access to the servlet engine
      # context/configuration will need this information to create valid links,
      # e.g.  xml import.
      # In the following url: http://my.company.com:8081/issues/id/PACS1
      # scheme=http, domain=my.company.com, port=8080, and scriptname=/issues
      # IMPORTANT NOTE: Setting these values has no effect on the servlet engine
      # and/or web server.  These values should be set to values that
      # correspond to the configuration of the web server and/or servlet engine which
      # provides access to the scarab application.
      scarab.http.domain=scarab.foo.bar
      scarab.http.scheme=http
      scarab.http.scriptname=/scarab/issues
      scarab.http.port=8080
    3. 注意: Scarabに含まれるtomcatでscarabを動作させるときには、
      \scarab-1.0-b19\scarab-1.0-b19\tomcat\webapps\scarab\WEB-INF\conf\CustomSettings.properties
      を見て動作しません、変更があった場合にはアプリケーションのビルドをやり直します(databaseはそのままでよい)。
  5. アプリケーションのビルド
    C:\scarab-1.0-b19\build.bat を作成して実行します
    set MYSQL_HOME=C:\mysql
    set ANT_HOME=C:\apache-ant-1.5.4
    set JAVA_HOME=C:\j2sdk1.4.2_05
    set PATH=%ANT_HOME%\bin;%MYSQL_HOME\bin;%JAVA_HOME%\bin;%PATH%
    
    cd build
    
    ant
  6. テーブル作成
    C:\scarab-1.0-b19\build_db.bat を作成して実行します
    set MYSQL_HOME=C:\mysql
    set ANT_HOME=C:\apache-ant-1.5.4
    set JAVA_HOME=C:\j2sdk1.4.2_05
    set PATH=%ANT_HOME%\bin;%MYSQL_HOME\bin;%JAVA_HOME%\bin;%PATH%
    
    cd build 
    
    ant create-db
  7. テーブルの修正
    ユーザ管理テーブル( turbine_user ) には、先ほど実行した
    ant create-db
    でAdministrator ユーザが登録されます。
    ところがAdministratorユーザの登録内容の内 '00-00-00 00:00:00' を JDBCドライバ が Timestamp型 に巧く変換できないので、ScarabシステムにAdministratorでログインできません。
    適当な日付を設定してやるとログインできるようになります。
    mysql> use scarab;
    mysql> update turbine_user set created=now(),last_login=now();

scarabの簡易実行

C:\scarab-1.0-b19\tomcat\bin\startup.bat
を実行すると
http://localhost:8080/scarab/
でscarabシステムにアクセスすることができる。

 

終了するときには、 C:\scarab-1.0-b19\tomcat\bin\shutdown.bat
を実行する

Scarabの運用管理

Administratorでログインすると、Global Module を編集することができます。
Global Moduleは、Scarabシステムの共通設定を行うための特別なモジュールです。

menu.png
  1. 共通データ
    1. 共通案件種別
      案件種別の編集を行います。デフォルトでは以下の種別が用意されています。
      案件種別内容
      Defect瑕疵対応要求
      Enhancement機能追加要求
      Feature見栄え・使い勝手の改善要求
      Patchパッチ適用要求
      Taskその他の依頼
    2. 共通属性
      入力欄の形式を設定します
    3. 検索インデックスの更新
      サイト全文検索時のインデックスを再生成します。
  2. 認可
    1. 認可
      ユーザのモジュールへの参加申請の受理などを行います。
      デフォルト設定の Scarab.properties では、
      Developer,Observer,QA,Partnerは、
      申請すると即受理されます。
  3. モジュール
    1. モジュールの管理
    2. 案件種別の管理
      共通案件種別で定義した案件種別の内、どれを使うかを設定できます
    3. XMLのインポート
    4. XMLのエクスポート
  4. ロール
    1. ロールの一覧
      ロールの編集を行うことができます。デフォルトでは以下のロールが用意されています。
      権限-ロールDeveloperObserverPartnerProject OwnerQARoot
      Domain AdminXXXXXO
      Domain EditXXXXXO
      Issue AssignOXXOOO
      Issue AttachOOOOOO
      Issue EditOXXOOO
      Issue EnterOOXOOO
      Issue MoveOXXOOO
      Issue SearchOOOOOO
      Issue ViewOOOOOO
      Item ApproveXXXOXO
      Item DeleteXXXOXO
      Module AddOXXOOO
      Module ConfigureXXXOXO
      Module EditXXXOXO
      User Approve RolesXXXOXO
      User Edit PreferencesOOOOOO
      Vote ManageXXXOXO
    2. 新しいロールの追加
  5. ユーザ
    1. ユーザの管理
    2. 新しいユーザの追加
    3. パスワードの変更

Scarabのチュートリアル

サンプルプロジェクトを作って運用してみます

  1. モジュールの作成(Administrator)
    1. http://localhost:8080/Scarabにアクセスして、Administratorでログインします(変更していなければパスワードは1)。
      scarb-0.png
    2. メニューからモジュールを選んで、[新規作成] ボタンを押します
      scarb-1.png
    3. すると、モジュール作成画面になるので、モジュールの名前をつけて [作成] ボタンを押します
      scarb-2.png
    4. SandBoxモジュールが作られました。
      scarb-3.png
  2. アカウントの作成(一般ユーザ)
    1. http://localhost:8080/Scarabにアクセスして、[アカウントの作成] をクリックします
      scarb-4.png
    2. するとユーザ登録画面になるので、姓名とメールアドレスを入力します
      scarb-5.png
    3. 確認画面で [確認] ボタンを押すと、確認メールが送信されます。
      scarb-6.png
    4. Scarabから以下のようなメールが来るのを待ちます
      詳細:
      ---------------------------------------------------------------------
      
      ようこそ Ramsesses II,
      
      登録ありがとうございます!!
      
      あなたの確認コードは: SNQlXKCZrt
      
      あなたのアカウントを確認するために以下のURLにて確認コードを入力して下さい。
      
       http://localhost:8080/scarab/issues/template/Confirm.vm/confirm/SNQlXKCZrt/username/Ramsesses
      
      
      ありがとうございます。
      
      ---------------------------------------------------------------------
      This message is automatically generated by the Scarab
      issue tracking system.  For more information:
      http://scarab.tigris.org/
    5. メールの内容に従ってユーザ名と確認コードを入力します
      scarb-7.png
    6. ユーザ登録が終了しました
      scarb-8.png
  3. アカウントのモジュールへの参加申請(一般ユーザ)
    1. 次は、RamsessesIIユーザをSandBoxモジュールに参加させます。最初に、ユーザ名 Ramsesses でログインします。
      scarb-9.png
    2. するとどのモジュールにも参加する権限(ロール)がない旨表示されますので、ロールをリクエストするをクリックします
      scarb-10.png
    3. ロールの申請画面で、欲しい権限をリクエストします。デフォルト設定では、Developer,Observer,QA,Partner権限の申請は、自動的に受理されます。
      ここでは、Administratorの認可が必要な Project Owner 権限を申請します。
      scarb-11.png
    4. ロールの申請が行われた旨表示されました。
      scarb-12.png
  4. アカウントのモジュールへの参加認可(Administraotr)
    1. Ramsessesからのロールの申請を受理します。ロールの申請を受理できるのは、Administratorだけです。
      scarb-13.png
    2. メニューの [認可] を押すと、認可待ちの申請の一覧が出てきます。Ramsessからのロールの申請を認可するには、[投稿] ボタンを押します。(日本語がちょっとおかしい気もしますが・・・)
      scarb-14.png
    3. 全ての申請が認可されました。
      scarb-15.png
  5. 案件発行(一般ユーザ)
    1. それでは、Ramsessから案件を発行してみます。
      scarb-9.png
    2. ログインすると、新規入力画面になっているので Defectを押して瑕疵案件を発行してみます。
      scarb-16.png
    3. プロジェクトで決められた記述法に従って案件を入力して [投稿] ボタンを押します。
      scarb-17.png
    4. 瑕疵案件が発行されました
      scarb-18.png
  6. 担当者決定
    1. 引き続き担当者を決定します。案件ID をクリックして 案件詳細画面にいきます。
      scarb-19.png
    2. [案件に関係する関係者] タブをクリックして、Administratorを担当者に任命します。
      scarb-20.png
  7. 案件解決(一般ユーザ:担当者)
    1. 担当者(Administrator)でログインし直します。
    2. 担当者は、[個人案件表示] で、自分の関係する案件を検索します
    3. 担当者は、案件が解決したらステータスを [Resolve] に変更して理由を記述します
      scarb-22.png
  8. 案件解決(一般ユーザ:投稿者)
    1. ここでは、投稿者 が案件を Closed する物とします。
    2. 自分の関係する案件の状態が変化したらメールが届けられるので、Ramsess は Administrator が案件を Resolve にした旨のメールを受け取り、Scarab にログインして対 処内容を確認します。
      以下のURLで案件の詳細を見ることが出来ます:
      
          http://redwood:8080/scarab/issues/id/SNDB1
      
      種別
       Defect
      
      案件ID
       SNDB1 (虫が出ました)
      
      編集者
       Scarab Administrator
       Administrator (scarab_admin@foo.bar)
      
      この案件に対して次のように変更されました:
      ---------------------------------------------------------------------
      
      Status changed from "New" to "Resolved"
      
      理由:
      掃除しました 
      
      ---------------------------------------------------------------------
      This message is automatically generated by the Scarab
      issue tracking system.  For more information:
      http://scarab.tigris.org/
    3. 対処内容を見て、案件が解決されたと判断されれば、案件のステータスを Closed にします
      scarb-23.png
    4. 案件の変更履歴は、[履歴] タブで見ることができます。
      scarb-24.png
  9. 案件一覧作成(Excel)
    1. 適当な検索条件で案件を検索します
    2. 検索結果画面で、[結果のエクスポート:]-[Excel] を選択すると
      scarb-21.png
    3. Excelファイルが生成されます。表示するカラムは 検索結果画面(Web)の[ビューの属性を追加/削除する] で調整することができます。
      scrab-25.png
  10. メニューの [レポート] で、案件の状態の推移をレポートにすることができます。下記のようなCSVの他に、Excel形式でも出力することができます。
    Scarab自体は、グラフを出す機能はないのでExcelを使って折れ線グラフや散布図などにします。
    Status	Unconfirmed	New	Assigned	Reopened	Resolved	Verified	Closed
    =======	=======	=======	=======	=======	=======	=======	=======
    2005-03-27 19:00	0	0	0	0	0	0	0
    2005-03-28 19:00	0	0	0	0	0	0	0
    2005-03-29 19:00	0	0	0	0	0	0	1
    2005-03-30 19:00							

scarbのデプロイ

  1. scarabに添付されているTomcat4.0でも運用ができるが、
    その他のサーブレットエンジン上でScarabを動かしたいときには、
    C:\scarab-1.0-b19\tomcat\webapps\scarab
    を実行したいサーブレットエンジン上の \webapps フォルダにコピーすればよい。
    たとえば、Tocat 5.0 の場合には
    C:\Tomcat50\webapps
    にコピーする。
     
    運用をする場合には、OS起動時に一緒にTomcatが立ち上がるようにする設定が大変なので、インストーラー付きのTomcatでTomcatをインストールして、そこにScarabをデプロイするのが便利。
  2. サーブレットエンジンにデプロイしたときのランタイムの設定
    1. C:\Tomcat50\webapps\scarab\WEB-INF\conf\CustomSettings?.properties
      # Settings for SMTP Server
      system.mail.host=foo.bar
      system.mail.smtp.from=root@foo.bar
      # Settings for Character set of the export data of Scarab
      scarab.dataexport.encoding=sjis
    2. C:\Tomcat50\webapps\scarab\WEB-INF\conf\Scarab.properties
      # Role requests for these roles will be granted automatically
      # when a user requests a role in a module through the role request
      # UI screens.
      scarab.automatic.role.approval=Developer,Observer,QA,Partner
      
      ・・・
      
      # These properties are used when generating links to scarab.  In
      # many cases, if these properties are left blank, an appropriate default will
      # be used.  But functionality which does not have access to the servlet engine
      # context/configuration will need this information to create valid links,
      # e.g.  xml import.
      # In the following url: http://my.company.com:8081/issues/id/PACS1
      # scheme=http, domain=my.company.com, port=8080, and scriptname=/issues
      # IMPORTANT NOTE: Setting these values has no effect on the servlet engine
      # and/or web server.  These values should be set to values that
      # correspond to the configuration of the web server and/or servlet engine which
      # provides access to the scarab application.
      scarab.http.domain=scarab.foo.bar
      scarab.http.scheme=http
      scarab.http.scriptname=/scarab/issues
      scarab.http.port=8080

コメント欄

すみませんが、211.43.222.21(Korea Network Information Center)からのSPAMが酷いのでコメント欄を削除します

linuxで複数のmysql起動

佐藤? (2007-03-15 (木) 16:56:51)

WindowsではC:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 6.0\webappsの下にscarabをフォルダコピーし、複数起動したのですが、linuxで同じようにscarab.warを名前変更しコピーして起動後、”Stack Trace”とでます。複数起動の対処方法、ご助言いただけませんでしょうか?

b20でのExcel出力

さとう? (2007-02-24 (土) 02:07:27)

始めまして B20にてExcel出力すると日本語が??になります。b19以降は??になるとScarab-jaに記載されていたのですが、本ページを見るとB19でも日本語です。そこでご質問ですが、$scarab_root\src\conf\conf\にcoustomsetting.propertiesがありませんがこれは新規に作成するのでしょうか?自分環境 OS:Windows Xp

apache-ant1.7.0/scarab-1.0-b20/apache-tomcat-6.0.7/mysql-4.0.17-winで起動しております。


もし宜しければおしえてください


Java


添付ファイル: filescarb-4.png 566件 [詳細] filescarb-18.png 626件 [詳細] filescarb-16.png 920件 [詳細] filescarb-8.png 903件 [詳細] filescarb-3.png 928件 [詳細] filescarb-5.png 594件 [詳細] filescarb-7.png 889件 [詳細] filescrab-25.png 613件 [詳細] filescarb-21.png 913件 [詳細] filescarb-22.png 933件 [詳細] filescarb-17.png 685件 [詳細] filescarb-9.png 646件 [詳細] filescarb-20.png 910件 [詳細] filescarb-6.png 653件 [詳細] filescarb-19.png 671件 [詳細] filescarb-2.png 672件 [詳細] filescarb-24.png 919件 [詳細] filescarb-23.png 693件 [詳細] filemenu.png 706件 [詳細] filescarb-0.png 981件 [詳細] filescarb-11.png 602件 [詳細] filescarb-15.png 651件 [詳細] filescarb-1.png 626件 [詳細] filescarb-13.png 652件 [詳細] filescarb-12.png 937件 [詳細] filescarb-10.png 657件 [詳細] filescarb-14.png 653件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2007-04-18 (水) 21:01:43 (3523d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061