squid の インストール

  1. [Yast]-[ソフトウェア]-[ソフトウェアのインストール/削除]を選択します。
    squid1.png
  2. (SuseのインストールDVDを挿入した後)squidを検索し、インストールします。
    squid2.png

squid の設定

  1. squid.conf の編集
    > sudo vi /etc/squid/squid.conf
       476 #Default:
       477 # cache_mem 8 MB
       478 cache_mem 64 MB
      
       510 #Default:
       511 # maximum_object_size 4096 KB
       512 maximum_object_size 32 MB
      
       693 #Default:
       694 # cache_dir ufs /var/cache/squid 100 16 256
       695 cache_dir ufs /var/cache/squid 1024 16 256
      
      1874 acl our_networks src 192.168.1.0/28
      1875 http_access allow our_networks
      1876 http_access allow localhost

キャッシュディレクトリの作成

> sudo /usr/sbin/squid -z
2006/02/06 16:37:46| Creating Swap Directories

squid サービスの自動起動

  1. [Yast]-[システム]-[ランレベル・エディター]を選択します。
    squid3.png
  2. squidをランレベル3(テキストログイン)/5(グラフィカルログイン)で起動するようにします。
    squid4.png

ファイアウォールの設定

[Yast]-[セキュリティとユーザ]-[ファイアウォール] を選択し、
[許可されるサービス]-[詳細] で TCP の 3128 ポートを開けます。

squid8.png

ブラウザの設定

  1. 固定設定
    とりあえずこれで使えるようになったはず。IEでこのProxyサーバを指定してちゃんとProxyを経由してWebサーバにアクセスできるかどうかを確かめてみる。
    squid5.png
  2. proxy.pac
    WebブラウザにJavascriptを読み込ませてProxyの設定を行わせることができます。
    1. ブラウザ側の設定
      squid6.png
    2. proxy.pac
      > sudo vi /srv/www/htdocs/proxy.pac
      
           1 function FindProxyForURL(url,host)
           2 {
           3   if(isPlainHostName(host)
           4      || isInNet(host,"192.168.1.0","255.255.255.240")
           5      || isInNet(host,"127.0.0.1","255.255.255.255")
           6   ){
           7     return "DIRECT";
           8   } else {
           9     return "PROXY 192.168.1.6:3128 ; DIRECT";
          10   }
          11 }
      :wq
      > sudo chown wwwrun:root /srv/www/htdocs/proxy.pac
  3. wpad.dat
    IEでは、[自動設定]に指定することによって、
    http://wpad.${自ドメイン}/wpad.dat
    が読み込まれます。wpad.datの内容はproxy.pacと同じです。
    1. ブラウザ側の設定
      squid7.png
    2. wpad.dat
      1. wpadサーバの準備
        DNSサーバで、このサーバ(grape)の別名としてwpadを定義しました。つまり、
        grape.hondou.homedns.org
        wpad.hondou.homedns.org
        のどちらもこのサーバ(192.168.1.6)を指すことになります。
      2. wpad.datの準備
        内容がproxy.pacと同じなのでシンボリックリンクにします。
        > sudo ln -s /srv/www/htdocs/proxy.pac /srv/www/htdocs/wpad.dat
        > sudo chown wwwrun:root /srv/www/htdocs/wpad.dat --no-dereference

参考文献

  1. Netscape, Navigator Proxy Auto-Config File Format, March 1996, http://wp.netscape.com/eng/mozilla/2.0/relnotes/demo/proxy-live.html
  2. サーバ構築研究会, SHUWA SYSTEM, 2002, Red Hat Linux 7 で作るネットワークサーバ構築ガイド ch24 プロキシサービス
    AMAZON

Suse 10 Server


添付ファイル: filesquid3.png 865件 [詳細] filesquid7.png 739件 [詳細] filesquid4.png 870件 [詳細] filesquid1.png 689件 [詳細] filesquid6.png 708件 [詳細] filesquid5.png 873件 [詳細] filesquid2.png 708件 [詳細] filesquid8.png 727件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2006-02-16 (木) 22:30:53 (3942d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061