デフォルトのSMPカーネルの設定では、shutdownコマンドで電源が切れません。
liloの記述を変更してカーネルにパラメータを渡す必要があるようです。

/etc/lilo.conf に、append="apm=power-off" を追加して

image=/boot/vmlinuz-2.4.22-0vl2.10smp
        label=linux
        initrd=/boot/initrd-2.4.22-0vl2.10smp.img
        read-only
        root=/dev/hda2
        append="apm=power-off" <--これ

/sbin/lilo を実行します。

#/sbin/lilo
Added linux *
Added linux-up
Added linux-2.2-up

もしも/etc/lilo.conf の記述が間違っているとその旨表示されます。

再起動してdmesgを見てみると

# dmesg | grep apm
Kernel command line: auto BOOT_IMAGE=linux ro root=302 BOOT_FILE=/boot/vmlinuz-2.4.22-0vl2.10smp apm=power-off
apm: BIOS version 1.2 Flags 0x07 (Driver version 1.16)
apm: disabled - APM is not SMP safe (power off active).

と、電源offが有効になっていることが分かります。


Computer


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2006-02-16 (木) 23:04:12 (3949d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061