背景

目標

  1. 共有フォルダを毎朝圧縮ファイルにします
  2. 圧縮にはInfo-Zipを用います
  3. Info-Zipの起動には、「タスク」を使います。

Info-Zipのインストール

  1. ダウンロード
    http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an003906.html
    から、「Info-ZIP WinNT/Win95実行形式(zip201xn.zip)」をダウンロードします。
     
  2. インストール
    zip201xn.zip を展開して、出来た zip.exeC:\WINDOWS\system32 にコピーします。(PATHの通っているところならどこでも良い)
     
  3. バッチファイルの準備
    共有ディレクトリのバックアップをとるバッチファイルを作成します。ここでは、以下の内容の C:\bkup.bat を作成したとします。
    cd C:\
    zip.exe -ugr9 bkup.zip .\share\* > bkup.log
    • コマンドオプション
      • u : 更新があったファイルを入れ替え/追記します
      • g : 既存のファイルに上書きします
      • r : 再帰的にディレクトリを操作します
      • 9 : 精一杯頑張って圧縮します
    • このオプションの場合、共有ディレクトリ上で削除されたファイルがZipファイルの中から消されませんが、今回の目的を考えると返って好都合です。もしもその時点のフォルダのバックアップを作りたい場合は目的のZipファイルを削除してから作成します
      cd C:\
      del bkup.zip
      zip.exe -r9 bkup.zip .\share\* > bkup.log

タスクの設定

[コントロールパネル]-[タスク]-[スケジュールされたタスクの追加]で、毎朝6時に C:\bkup.bat を起動するように設定します。

 
addtask.png

ネットワーク越しのバックアップ

http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/030924/n0309243.html


Computer


添付ファイル: fileaddtask.png 811件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2006-02-16 (木) 22:47:01 (3943d)
ISBN10
ISBN13
9784061426061