setup

Kubernetes

Kubernetes.png

ハードウェア

Kubernetes ClusterKubernetes システム
Master Node管理ノード。ここが死ぬとKubernetes全体が死ぬので、本番システムでは3台以上で冗長化する
Node計算ノード

Kubernetes全体の管理

kubectl管理コマンド。RancherではWebから実行できる
kube apiserverkuberctlからの処理依頼を受付
kube schedulerNodeを管理して、どの Node で Pod を動かすかを制御
kube control managementKubernetes の資産を管理
etcd分散KVS。Kubernetes自体の設定内容を格納

アプリコンテナ

namespacePodの論理的な管理単位。初期設定で Default が作られている
PodContainerの論理的な単位。Nodeをまたぐことはない
ServicePod (内の Container 上で動くアプリ) 同士で通信する場合に、パケットのルーティングを行う

Podの構成

Service

Cluster IP SericePod間で通信をするための Service。通常 Service と言ったら Cluster IP Service
Node Port IP Serviceあるノード(物理マシン)の Port 経由で Pod にアクセスするための Service
External Name ServicePod から namespace 外のサービスを呼び出すための Serivce
Load Balancer Service大規模 Kubernetes で、物理 Load Balancer と連携するための Service の総称。AWS とか Google Cloud Platform のうらで動いている Service

Ingress

永続化領域

PersistentVolume.png

kubectl

参考文献

コマンド補完

$ sudo apt install bash-completion
$ echo "source <(kubectl completion bash)" >> ~/.bashrc

これで、kubectl のサブコマンドの補完が効くようになる

kubectl create (作成)

$ kubectl create -f 定義ファイル

kubectl apply (更新)

$ kubectl apply -f 定義ファイル

kubectl get (一覧表示)

$ kubectl get nodes
$ kubectl get services
$ kubectl get pods

kubectl describe (詳細表示)

$ kubectl describe services [service名]
$ kubectl describe pods [pod名]

kubectl delete (削除)

$ kubectl delete service [service名]
$ kubectl delete pod [pod名]

kubectl log (標準出力)

$ kubectl log [pod名] -f

kubectl exec (podでコマンド実行)

$ kubectl exec [pod名] -- [command]

対話Shellを実行する場合は

$ kubectl exec [pod名] -it -- /bin/bash

kubectrl cp (ファイルコピー)

$ touch a.txt
$ kubectl cp ./a.txt hello-gpu:~/
$ kubectl cp hello-gpu:~/a.txt ./b.txt

双方向でコピーが可能

kubectl edit (設定変更)

$ kubectl edit 資産種別('service'など) 資産名

viが起動し、設定内容を変更することができる。(ファイルの保存(:wq) で設定反映)

microK8s

dashboard

dns

storage

今宵はココまで

gpu

ingress


Deep Learning


添付ファイル: fileKubernetes.png 182件 [詳細] filePersistentVolume.png 197件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   sitemap
Last-modified: 2020-08-25 (火) 01:24:34 (55d)
Short-URL:
ISBN10
ISBN13
9784061426061